mequin

Handworks accessory & jewel
家紋のカフス

 

▲CUFFS [SV]

 

 

家紋をモチーフにしたCUFFSのご注文をいただきました。

 

 

実は数年前に同じデザインのCUFFSをご注文いただいたお客様からの

制作のご依頼でした。

 

そのお客様が身につけていらした時に

CUFFSをご覧になったお父様がとても気に入ってくださったとのことで

お誕生日の贈り物に。。とのことでした。

 

 

 

 

 

 

このようなお話を伺えて制作させて頂けることは

大変嬉しく有り難いことだとしみじみ感じました。

 

 

 

Order made 19:26 -
tiepin

 

▲TIEPIN [SV]

 

 

TIEPINのご注文をいただきました。

 

何度か鎚目のネクタイピンは制作させて頂いておりますが

今回は、その中でも一番細みの寸法でした。

 

お客様が普段身に着けられているネクタイが

細いものが多いとのことで

バランスが合うようにご相談させて頂きました。

 

 

金具の寸法がありますので限りはございますが

ご希望の形や幅や長さ等ご指定いただいての制作も可能ですので

ご希望がございましたら

いつでもお問い合わせくださいませ。[info@mequin.jp]

 

 

 

Order made 18:44 -
pic series+diamonds

 

▲PIERCE [K18YG/Diamond]

 

 

定番商品のpic seriesのPIERCEの素材を

K18yellow goldで制作し

diamondを二粒付けるご注文をいただきました。

 

 

時折 ご注文いただいた品を制作する作業に

とても励まされることがございます。

それはご依頼の際のやりとりで

ご依頼いただいた経緯や想いを知ったことが

関係しているのだと思います。

 

 

今回も励まされた作業でした。

その有り難さを大事に

MEQUINが出来ることをしっかり考え行動してゆきたいと思います。

 

 

 

Order made 23:21 -
取手金具

 

 

 

instagram[mequin_accessory]でのご紹介の投稿から

時間が空いてしまいましたが

指物家具の職人さんから

チェストにつける真鍮の取手金具のご注文をいただきました。

 

 

 

 

 

 

デザインや寸法を伺い

取り付け部分の細工についてはご相談させて頂き

細部のデザインや寸法が決まりました。

 

 

 

 

↑こちらは木に固定する部分

 

 

 

今回表面の縁は少しだけ面取りをするようお伝え頂きました。

この細い面取り部分を専門用語で「糸面ーいとめん」と言うそうです。

 

木工の場合 鉋で削るので「面」となったのだと思いますが

「糸のような細さの面」という表現が

なんだか美しく 知ることができて嬉しかったです。

 

 

 

 

表面はざらついた質感になるよう細工を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料や製作というものに対し

とても真摯に 敬意をもって向き合われる家具職人の佐々木様。

 

その手から創り出される静謐な美しさをもった貴重な家具の取手の

制作をさせて頂けましたこと大変光栄に思いました。

 

制作には常に喜びと楽しさがありました。

 

 

※上から1枚目と5枚目の写真は佐々木様よりいただいたお写真です。

 

 

 

Order made 19:42 -
KOMATSU SOUL CUTTER

 

 

 

版画家 コマツソウルカッター氏に

ご自身の作品を透かし彫りにした

RINGとNECKLACEの制作のご依頼をいただきました。

 

 

 

RINGは まず板の状態で

作品の中にある「SOULCUTTER」の文字の透かし彫りをしてからRINGに。

 

 

 

 

▲RING [SV950]とコマツソウルカッター氏のシルクスクリーン作品

 

 

 

NECKLACEも同じく

板の状態で 文字と絵の部分を透かし彫りし

チェーンを通す部分は ご指定いただいた位置に

ご相談いただいた形をロウ付けさせて頂きました。

それは ちょっと耳のようになり

仕上がると何かの生き物のようになりました。

 

 

 

 

▲NECKLACE [SV950/SV925]

 

 

イメージされていた状態となったと仰って頂き

嬉しくほっと致しました。

 

 

 

コマツソウルカッター氏とその作品は

実は 私が高校生の頃に知ることができ、

その作品とご本人による作品の魅せ方のものすごいエネルギーに

とても衝撃を受け

強く放たれる解放的な何かに対し私は 憧れと尊敬とワクワクに覆われることに。

 

19歳の頃だったか 人生で初めて「作品」というものを購入させて頂いたのも

コマツソウルカッター氏の小さな立体の作品でした。

こんな小娘がなんだか生意気かな。。と思いつつ

今 頑張りたい自分に 

その作品にたくさんエネルギーをいただき成長していこうと心に決めたことを覚えています。

 

間 時間が空きつつも 

ここ数年再び個展のお知らせをいただき お伺いしていたところ

今年初めの個展で 当アトリエの話になり

コマツソウルカッター氏が訪ねてくださり

このようなご依頼をいただきました。

 

自分がたくさん感動しながら拝見させて頂いてきた方の作品を

糸鋸で透かし彫りさせて頂く日がくるなんて

高校生の頃の自分が知ったらどんな想いになっただろう。。と

大変感謝し懸命に制作させていただきました。

 

 

 

そんなコマツソウルカッター氏が10月29日(土)

横浜エアジンというところで

ライブカッティングを行うそうです。

 

 

 

 

 

 

ライブの演奏のなかで一枚の無地の大きな紙が

みるみるカットされ 絵になってゆく様子は圧倒されます。

 

 

よかったらぜひ!と思います。

 

 

コマツソウルカッターHP

横浜エアジンHP

 

 

 

Order made 19:20 -
遠方へ

 

▲PIERCE [K18YG]

 

 

学生時代から仲の良いご友人数人の内のお一人が

海外へ嫁ぐことになり

お祝いと行ってらっしゃいの気持ちを込めた贈り物をしたいとのことで

K18 yellow goldのPIERCEのご注文いただきました。

 

 

 

 

 

 

定番のPIERCEのデザインをベースに

素材はK18 yellow goldへ、パーツは揺れるデザインへ変更する形に

決まりました。

 

 

今は大人の女性になられているご友人の皆様でしたが

デザインを決める際のやり取りは

教室での休憩時間のひとときのようで 微笑ましかったです。

 

 

遠い土地にて過ごされる 末永い幸せな日々を陰ながら願っております・・・☆

 

 

 

Order made 19:52 -
小さな金と銀

 

▲NECKLACE [K18YG/SV]

 

 

日常的に身に着けられるNECKLACEのご注文をいただきました。

 

 

とても肌のお白い方で

silverのアクセサリーはほとんど身につけてなかったとお伝え頂きました。

似合わないと思われていた部分もあったようです。

確かにgoldがお肌にも綺麗に映えておりました。

 

 

それでも華奢なデザインであればお似合いになると思い

細めのチェーンと小さめのパーツなど色々合わせて頂きましたら

goldでの制作と迷いつつも、silverもお似合いになることを感じて頂き

新たなチャレンジをしたいタイミングだったとのことで

silverのNECKLACEを制作させて頂くことに。

 

 

 

 

 

ですが 華奢でsilverのみだと 少し寂しい感じもあったため

そこに馴染みのあるgoldをちょこっと添えることに。

 

 

一つの新たなチャレンジから

色々なチャレンジが生まれてゆくのも楽しみに感じました。

 

 

 

Order made 19:20 -
semi order

 

▲PIERCE [BRASS/SV]

 

 

 

定番のPIERCEのデザインを気に入ってくださったお客様に

「もう少しボリュームがあって揺れると良いのだけど」

とお伝えいただいた際に

今回のデザインを提案させて頂いたところ、セミオーダーをいただきました。

 

 

仕上がり身につけて頂き

しっくり馴染んだPIERCEを大変喜んで頂けて嬉しく思うと同時に

改めてアクセサリーは

デザインの善し悪しに加え、身につけて頂く方とのバランスの善し悪しも

重要であることを強く想いました。

 

 

デザインを気に入って頂いても

試着したら馴染まない。。という場合でも

少しボリュームや構造を変えることで近い雰囲気のデザインで

馴染むアクセサリーを制作できる場合もございます。

 

 

ぜひ色々お手にとって頂きながらご相談くださいませ。

 

 

Order made 19:11 -
CUFFS

 

 

 

旦那様が結婚式で身につけるCUFFSをサプライズで贈りたいと

奥様からご注文をいただきました。

 

 

以前 MARRIAGE RINGも制作させて頂いたご夫妻で

本来無骨な色みをもつK18white goldの旦那様のRINGのイメージに合わせ、

結婚式で着用されるスーツや靴などにも合うものを。。と

奥様が色々考えてくださり、打ち合わせさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

ご相談の中で、

靴の革の色に近い革を入れ、silverを燻しwhite goldの無骨な色みに合わせ

MARRIAGE RINGにも施したざらついた質感を施すデザインに決まりました。

 

 

 

 

 

 

厚みもしっかり持たせ 重厚感のあるものに。

 

 

 

結婚式を無事終えられた奥様が

このblogのページ一枚目の写真を含む写真数枚をお送りくださいました。

 

 

打ち合わせの時、

ご夫妻の素敵な感性でひとつひとつ大切に選ばれ 創り上げられていく

結婚式の準備のご様子を伺いながらワクワクしていた通りの

素敵な結婚式のご様子に感動致しました。

そして 貴重な大切な日に素敵に身に着けて頂いたCUFFSを

このような美しい写真で拝見できましたこと

とても嬉しく思っております。

 

 

これからも陰ながら 末永いお幸せを願っております......☆

 

 

 

Order made 20:10 -
anklet

 

▲ANKLET [K18WG/ONYX]

 

 

ANKLETのご注文をいただきました。

 

 

チェーンの素材は K18のwhite goldを

チェーンに通す石は 誕生石(誕生月の石)ではなく

ご自身の誕生日石であるというオニキスをご希望頂きました。

 

 

 

 

 

そして オニキスの石の形は綺麗にカットされているようなものではなく

少しいびつな感じのものを。。とのことで

サザレ石が見つかりましたのでこちらを使用することに。

イメージ通りとのことで安心致しました。

 

お客様にオニキス3つ並べて頂きデザインが決まりました。

 

 

yellow goldを長年身に着けていらしたそうですが

最近 銀色の貴金属の方がしっくり馴染むと感じられ

新たなANKLETはwhite goldに。。と考えていらしたとのこと。

 

上記のように今回は 同じ銀色の貴金属であるsilverではなく

K18 white goldを強くご希望頂きました。

silverですと実際の素材自体も軟らかいのですが

特に華奢なチェーンですと 印象も柔らかくなります。

チェーンをwhite goldにすることによりクールさが出てきます。

そこにオニキスを合わせたANKLET...

仕上がり身に着けて頂くと

その女性のお客様の雰囲気に溶け合い 粋で品のあるかっこよさに。

 

 

ご自身に似合うものをとてもよく把握していらっしゃるのだなぁと

身に着けられたお姿を拝見したひとときでした。

 

 

 

Order made 19:39 -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS